ブログのアクセスが0!初心者がやるべきことを解説します。
悩んでいる人悩んでいる人

「数記事書いたけど、誰もブログのアクセスをしてくれない。」

「毎日更新しているけど、本当にこのままで良いのだろうか?」

「ブログよりアルバイトをした方が稼げるんじゃ・・・?」 

私が初心者ブロガーだった頃に感じていたことです。

本記事では、

ブログ初心者がアクセス0を脱出する方法

について、解説をしていきます。

ブログのアクセスが0な4つの理由とは?

アクセスが0な原因というのは、主に4点あります。

主な原因

・その1:記事数が圧倒的に少ない
・その2:ユーザーが知りたいキーワードを意識していない
・その3:自分が書きたいことを書いているだけ
・その4:競合サイトを調べたことがない

順番に解説していきます。

その1:記事数が圧倒的に少ない

ブログのアクセスを増やすためには、記事数が必要です。

「1日で1PVいきました!」

こんなTwitterや各SNSを通して、聞いたことがあるでしょう。

嘘ではありませんが、バズばかりを目指してしまうと、継続して

記事を更新するモチベーションはどんどん消耗していきます。

そもそも、バズというのは瞬間風速みたいなもので、長く続きませんからね。

 

私はブログで月間10PVを達成しましたが、

バズる経験をしたことがありません。

では、月間10PVをどう達成したのか?

ブログ情報

300記事以上、ブログを書いた
・文字数は2000文字程度を意識した
・特化ブログで同じ分野を書き続けた

1記事が1日に10PVを集めることができれば、

10PV×300記事×30日=90000PV

ブログが資産構築型と言われているのは、こういった理由があります。

とにかく、記事を積み重ねることが重要です! 

その2:ユーザーが知りたいキーワードを意識していない

記事数を増やしていくことを伝えましたが、

ただ闇雲に記事を量産しても、アクセス数を増やすことはできません。

Googleとしては、

ユーザーの検索意図に答える内容

ここを求めています。

 

では、ユーザーが求めている内容というのは、何か?

例えば、釣りを例にしてみると

・釣具について知りたい人
・釣り場について知りたい人
・釣りの仕掛けについて知りたい人

こういうユーザーに対して、各々のキーワードを意識して書いていくことが大切になります。 

その3:自分が書きたいことを書いているだけ

ブログをスタートした初期。

具体的には、最初の3週間は自分の書きたいことを書くだけで十分です。

継続して書くという習慣を身につけるのが、大前提ですからね。

 

ただ、習慣を身につけてからは、試行錯誤するのをオススメします。

ユーザーが検索する意図と大きく外れてしまうと、検索されません。

では、どう試行錯誤すれば良いのか?

試行錯誤する3大ポイント

・どんな記事をユーザーが求めているのか?
・過去に検索した自分からヒントを得る
・客観的に伝えるように意識する

これらを意識して書こうとすると、自然と記事の質が上がっていきます。

その4:競合サイトを調べたことがない

あなたが書いた記事のキーワードに対して、

競合サイトをチェックしたことはありますか?

上位表示されているサイトは、Googleに評価されたサイトです。

記事構成がしっかりしていますし、ユーザーの検索意図に沿っている

記事になります。

 

ただ、どの記事にも言えますが、100%完璧ということはありません。

“あなたにしか伝えられない有益な情報を書く”

ここが上位表示されているサイトと差別化できるポイントになります。

ブログのアクセス0から脱出するためには?

本格的にアクセスが出始めるのは、3〜6ヶ月になります。

とはいえ、正しく記事を量産する必要があるので、

この辺りを解説していきます。

狙うキーワードを1つに絞ること

1つの記事に対して、1つのキーワード

ユーザーの検索意図に答えるためには、

複数のキーワードを狙わない方が良いです。

ユーザーの検索意図から外れてしまうと、

記事のクオリティが下がってしまいますからね。

キーワードの難易度を把握すること

キーワードの種類テキストが入ります。

・ビッグキーワード:月3000回以上
・ミドルキーワード:月5003000
・ロングテール(スモール)キーワード:月500回未満

キーワードには、3つの種類に分けることができます。

例えば、アフィリエイトで有名な『脱毛』であれば、 

脱毛:90500/

多くのユーザーに検索されているビッグキーワードになりますね。

「ビッグキーワードは検索数が多いから、狙った方が良い。」

こう思うかもしれませんが、

 

キーワードの難易度

ビッグキーワード>ミドルキーワード>ロングテールキーワード

になります。

ビッグキーワードというのは、検索数が多いので

企業が多く参入して競合が高まります。 

ロングテールキーワードを意識すること

初心者でもアクセスを増やしていくためには、

ロングテールキーワードで、記事を書く 

これが基本となります。

ロングテールキーワードは、検索数が少ないので

競合が弱い可能性が高いためです。

月間検索数の調べ方ですが、Googleが無料提供している

キーワードプランナーをオススメします。

このツールを使って、あなたが書きたいと思う分野の

記事を量産していってください。

ブログのアクセスアップは、記事を書き続けることが最重要

原因やキーワードについて伝えましたが、

記事を継続して書く

これが最重要になります。

継続して書くためには、いくつかポイントがあります。

得意な分野で書けているか

稼ぐ目的で、自分の知らない分野を書くと

・継続して記事を書くことができない
・内容が薄く、有益ではない
・記事を差別化できない

このような状況になってしまうので、

あなたが得意な分野で書くことが大切になります。 

書いている分野にユーザーはいるのか

得意な分野で書いていたとしても、

ユーザーが記事を必要としているのか

この視点が大事になります。

誰も検索しない分野で書いても、アクセスは当然0になりますからね。

得意分野と月間検索数を調べて、記事を書いていくことが大切です。

100記事は最低書ける分野であること

得意な分野と言える目安は、

100記事は最低書ける

になります。

ロングテールキーワードで記事を積み重ねていくことが、

アクセスアップにつながりますし、

自然と稼げるメディアへと成長させてくれます。

まとめ:継続して記事を書くこと、試行錯誤をすること

いくつかのポイントに分けて伝えましたが、

まとめると

アクセス0の脱出ポイント

1記事1キーワードを意識する
・ロングテールキーワードを狙う
・月間検索数を調べる
・競合サイトを調べる
100記事は書ける得意な分野で書く

になります。

試行錯誤しながら記事を書くことができれば、

アクセス0から脱出できますので、

日々の継続が大切です。