【ブログの書き方】4つのコツで初心者でも上位表示は十分可能です
悩んでいる人悩んでいる人

「ブログの書き方がわかりません。質の高い記事を書くコツが知りたいです。」

ブログの書き方には、4つのコツがあります。

コツを理解するだけで、誰でも

読者の悩みを解決できる質の高い記事

を書くことができます。

本記事では、

・ブログの型、テンプレート
・キーワードを決める
・要点をまとめる
・装飾は最後で、正しい手順が大切

という順番で解説をしていきます。

ブログの書き方1:ブログの型、テンプレートでブレない記事がコツ!

質の高いブログを書くためには、必ず文章構成が必要になります。

文章構成とは・・・

・導入部分で何を書く
・記事の中盤で何を書く
・結論で何を書く

上記になりますね。

質の低い記事というのは、文章構成という手間を無視した状態になります。

書きたいことだけを書いても、記事の質を上げることはできません。

そこで、重要なのが

ブログの型となるテンプレートを使うこと

になります。

・導入+結論
・理由
・具体的な解説
・最終結論

という内容で解説をします。

導入+結論で読者に興味を持ってもらう

導入部分というのを簡単に考えてしまいがちですが、

この記事を読む価値があるのか

という重要な役割があります。

ブログと書籍の違い

・ブログは無料で読むことができる
・書籍はお金を払っているので、読もうとする
・価値を感じなければ、ブログはすぐ離脱される

気軽に読めるけど、離脱されやすいのがブログの特徴です。

なので、

結論を先に伝える

というのが超重要になります。

「このブログ記事は、悩みを解決してくれる!」

こう感じてもらえたら、しっかり読みますよね。

理由で読者に納得してもらう

導入部分で伝えた結論について、理由を伝えることが大切になります。

例えば、本記事の導入部分で

ブログの書き方には、4つのコツがあります。

コツを理解するだけで、誰でも

“読者の悩みを解決できる質の高い記事”

を書くことができます。

このように伝えているのに、コツや理由について触れなければ

「なぜ?」

という疑問が出てきますよね。

疑問が積み重なっていくと、不信感を持つようになります。

つまり、ブログから離脱するという行動になるわけですね。

具体的な解説で理由をさらに強化する

理由について、具体的な解説をすることが大切です。

理由だけ説明されても、

「じゃあ、具体的にどういうことなの?」

こういう疑問が湧いてきます。

この疑問が出ないように、丁寧に解説することが質の高い記事を後押ししてくれます。

最終結論をまとめとして改めて伝えること

今まで伝えたことの要点を伝える部分になります。

読者の悩みを解決できるポイントを、結論という形で伝えます。

というのも、一言一句をすべて読む人はほぼいません。

記事をスクロールして、最後の部分だけ読んだ経験があるはずです。

読者心理

・まとめのポイントだけ知りたい
・必要な情報だけが欲しい
・納得のいく理由や解説が欲しい

上記のように、読者には様々なタイプがいます。

上から順番に読んでいる人もいれば、

導入→まとめ→具体的な解説

という順番で読む人もいるわけです。

多くの読者に読まれる部分が、まとめになるのでポイントをしっかり伝えることが大切になります。

ブログの書き方2:キーワードを含んで、読まれる記事がコツ!

SEO対策で一番重要なのは、キーワードの選定です。

キーワードというのは、GoogleYahooなどの検索エンジンで入力する言葉になります。

例えば、本記事であれば

『ブログ 書き方』

で悩んでいる読者の方に向けて記事を書いています。

では、どのようにキーワードを入れていけば良いのか?

この辺りについて、解説をしていきます。

記事タイトルにキーワードを含むこと

記事タイトルを意識する理由

Google検索エンジンが、キーワードを認識する
・読者に正しい記事を訴求できる
・上位表示されやすくなる

上記が理由で、記事タイトルというのは

ブログ記事をギュッと要約したもの

になります。

本記事のタイトルでも、

『ブログ 書き方』

というキーワードを意識して、最初にキーワードを含んでいます。

誰が見ても、ブログの書き方についての記事だと認識してもらうこと。

読者ファーストを考えていくと、自然と上位表示されやすいタイトルを書くことができます。

見出し(各タイトル)にキーワードを含むこと

見出しというのは、WordPressを使うときのh2h3タグの部分になります。

h2:ブログの書き方2:キーワードを含んで、読まれる記事がコツ!

h3:見出し(各タイトル)にキーワードを含むこと

上記の部分ですね。

必ずしもキーワードを入れる必要はありませんが、h2タイトルの部分にキーワードを含むことがSEOには効果的です。

自然な形でキーワードを入れるのが、コツになります。

記事中にも、自然な形でキーワードを含むこと

キーワードを自然な形で含めるのは、SEO的に効果があります。

不自然に入れすぎる必要はありませんが、

・記事のタイトル
・見出しのキーワード
・記事内容

上記3つがマッチしていると、自然とキーワードが記事中に出てくるようになります。

ブログの書き方3:要点を書くことがコツ!

書きたいことを書く=文章がバラバラ ×

要点を箇条書きに書く=文章がまとまる ○

上記のように、各タイトルに合わせて箇条書きで書くというのがコツです。

頭の中だけで考えると、思考がバラバラになるからですね。

では、具体的に箇条書きを例にして、解説します。

記事テーマを意識して、要点を箇条書きにすること

例えば、本記事の導入+結論の部分では

・読者はブログの書き方に悩んでいる
・ブログの書き方には、4つのコツがある
・コツを理解すると、質の高い記事が書ける
・4つのコツを具体的に説明することを伝える

というように、箇条書きに書いて記事を作っていきます。

ただ、箇条書きに書けば良いのではなく、

テーマを意識して箇条書きにする

ということが大切です。

テーマを意識するというのは、キーワードを意識するということになります。

『ブログ 作成方法』 ×

『ブログ 書き方』 ○

このように、ブログの書き方について情報が欲しいので、ブログの作り方という余計な情報入れないということです。

1記事1テーマが基本になります。

本記事では、ブログの書き方についてコツを伝えていく内容に絞っています。

ブログの書き方4:正しい5つの手順でブログを書くことがコツ!

悩んでいる人悩んでいる人

「時短をするために、管理画面に直接書いています!」

この行動は、時間をより多く消費するだけでなく、質の高い記事を作るのも難しくなります。

その理由と正しい手順について、解説をします。

管理画面から書くと、ブログ記事に集中できない

記事を書くときに大切なのは、

意識を一点集中すること

になります。

 管理画面からブログを書くと、

・見た目
・装飾
・改行

上記の項目に意識が分散してしまいます。

分散すると集中力が大きく低下するので、質の高い記事を作るのが難しくなるわけですね。

Wordなどで文章を作成してから管理画面に投稿するのをおすすめします。

正しい5つの手順で、思考を整理するのがコツ

正しい5つの手順

テーマを決める

伝えたい人(ターゲット)を決める

タイトルを決める

箇条書きで内容を埋める

記事を作成後、管理画面で装飾をして投稿

上記の流れで一つ一つ思考することで、ブレない記事を書くことができるようになります。

まとめ:4つのコツを意識してブログを書くことが大切

4つのコツ

・ブログの型、テンプレートを使う
・キーワードを含める
・要点をまとめる
・5つの手順に沿って、思考する

いきなり4つのコツをすべて実行するのは難しいかもしれません。

毎日更新するよりも、読者の悩みを解決できる記事が、上位表示できるコツです。

質の高い記事を意識して、日々継続していきましょう!